経済的な太陽光発電のメリットとは?クリーンで安全な次世代エネルギー!

- 容量のモジュール面積

管理人

≪プロフィール≫ 名前:清水 年齢:41才 職業:自営業 住所 奈良県奈良市四条大路

容量のモジュール面積

ここでは太陽光システムについての質問をまとめていますよ。
まず、こちらから。
24時間の稼働で太陽光システムは動いているのですか?この太陽光システムなのですが、太陽光が出ているところだけの発電となります。
なので、日射量などに比例して発電量というのは変わって来るので、太陽が出てない夜間などは発電する必要はありません。
つまり、従来どおり夜間に電気の会社から電力を買うことになるのです。
結果的になのですが、料金が夜間割引などを使うことで60,70%程度は節約出来るので是非、利用していきましょう。
どのような形状の屋根であろうとも発電というのは可能なのでしょうか。
もちろん、様々な屋根の形状があるのは当たりまえでしょう。
切妻やね、寄屋根、陸屋根など様々なパターンはよ用意されているでしょう。
基本的にはどんな屋根であろうとも屋根を設置することは可能です。
なので、ここではそれがポイントでしょう。
屋根の大きさに基準的なものは重要なのでしょうか。
この大きさなのですが真南であり、角度は20、30度というところです。
大きさに適切なものはないようですが、設計してみたい容量のモジュール面積というより、広いという事が重要になるようです。
北川を屋根なのですが、発電効率が良く無い、という事が挙げられます。
雪国に済んでいる場合ですが、日照量があまりなく、発電量は少なくなるのでしょうか。
もちろん変わってきますが、圧すげてもダメなので。
バランス的には雪国も関係ないでしょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 経済的な太陽光発電のメリットとは?クリーンで安全な次世代エネルギー! All Rights Reserved.