経済的な太陽光発電のメリットとは?クリーンで安全な次世代エネルギー!

- 化石燃料を利用する火力発電

管理人

≪プロフィール≫ 名前:清水 年齢:41才 職業:自営業 住所 奈良県奈良市四条大路

化石燃料を利用する火力発電

太陽光発電システムは、環境破壊対策の観点からも、優れた発電方法です。
地球の表面の大気圏には、温室効果ガスが含まれています。
温室効果ガスは、太陽から地球に輻射される熱が、地球の外に出ていくのを防ぐ役割を果たしています。
温室効果ガスのお陰で、地球の温度は平均で15℃前後に保たれています。

しかし、現在、温室効果ガスが必要以上に増加しているために温度が上昇傾向にあるのです。
この100年の内に、地球の平均気温は0.6度程上昇しています。
その温室効果ガスには、CO2(二酸化炭素)が含まれます。

二酸化炭素排出の大部分を占める、石炭や石油、天然ガスといった化石燃料による発電が日本では主流ですが、2006年度の調査によると、発電量の9割程度を占めているのです。
太陽光発電が環境に優しいとされるのは、この発電方法を利用すればCO2の排出量を大幅に減らすことができるからです。
太陽光発電協会によれば、結晶系シリコン太陽電池の1kwあたり、年間314.5kgのCO2排出量の削減に貢献できるということです。

化石燃料を利用する火力発電では、大気に影響を与える温室効果ガスが1kwあたり大体690g含まれますが、太陽光発電の場合だと大体17~48gしか含まれません。
また、太陽光発電システムは解体やリサイクルに手間がかからないことも、CO2排出量の削減に大いに役立っているのです。
CO2削減量は、下記の数式により出すことができます。
(360―単位発電電力あたりのCO2排出量)g-CO2/kWh×発電電力量(kwh/年)=年間CO2削減量(g-CO2/年)
この数式を見ても、太陽光発電がいかに環境に優しいかご理解いただけることでしょう。

関連記事:

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 経済的な太陽光発電のメリットとは?クリーンで安全な次世代エネルギー! All Rights Reserved.